まずは、グランドでデモンストレーション。
きちんと訓練された、10匹あまりのオリコウさんのワン子達、
インストラクターの号令のもと、見事に動くその様に
見ている皆から驚きと、喜びの歓声が上がります。
残念ながらこの日は、お天気がちょっと心配!
場所を教室に移して次はわん子とのふれ合いタイムの始まり。

人も、犬も共に尊い命ある生き物です。
尊い命と、生命の大切さを
子供達にも共に解って欲しい。
聴診器を使ってワン子の心臓の鼓動を
実際に音として聞いてもらう。
そんな願いの込められた、この試みを
メイン・イベントとしたドッグ・セラピーが
桜井保育所の大勢のお友達の前で
繰り広げられました。

チーフインストラクターの
石城先生から、
ワン子に触れる正しい方法を
楽しい紙芝居でお勉強。
みんな、解ったかな?
お勉強した事を今度は実際に
ワン子相手に試してみよう。
うまく出来るかな?
怖がらなくても大丈夫、

ドッ グセラピーに参加してるワン子達はみんなオリコウさん。
平気な顔で大勢の子供達に、ひるむ事なく対応できる。
優秀なワン子達、しつけの大切さを実感出来る瞬間でもある。
     
      ふれ合いタイムの次は、いよいよ本日のメインイベント!
ワン子の心臓の鼓動を、実際に聴診器で聞いてみよう。
命の大切さ生命の不思議、そのリアリティーを実感する瞬間。
子供達はどのようにこの体験を受け止めてくれるでしょうか。
     
  下 の写真をクリック、より大きな写真を見る事が出来ます。
 

K9 クラブによるドッグセラピーとは。
各種訪問活動により犬との触れ合いを目的とした
動物介在活動 A.A.A(Animal Assisted Activity)
に活躍する犬達とそのハンドラーによるボランティア活動です。
この活動からセラピー効果が生じる事はありますが、
それは偶発的な効果であり主な目的とは言えません。
デモンストレーションを含むショー的要素を取り入れ、
犬を介在としたクラブメンバーとの交流と会話により
楽しい一時を提供する事がこの活動の主な目的です。

心臓の鼓動に聞き入る子供達、その瞳はみな一様に
初めての未知なる体験に遭遇した驚きに、光り輝いています。
そんな子供達を目の当たりにする私達ボランティアも又、
心地良い感動を、覚えずにはいられません。
以上で、ドッグセラピー終了!皆さん、お疲れさまでした。